赤毛のアン旅日記6

  • 2008.08.13 Wednesday
  • 10:30
プリンスエドワード島を離れる日がやって来ました。
人形工房を見学とアンのコスチュームを着て記念撮影・・・・・
人形工房では、オーナーさんが自ら工作手順を説明され、陶芸をしている私は興味深いお話を聞かせてもらいました、このコーナーで製作された作品のほとんどは日本のイベントに納品で、現地では品薄の状態が続いてるようです、現地で買い物が出来ないて????
 

コスチューム画像は残念ながらアップ出来ませんでした。
コンフェデレーション橋はカナダ本島とエドワード島を結ぶ全長13kmと言う長ーい橋を渡りルーネンバーグへこの日の移動は500kmでした、娘は疲労からバスに乗ると共に爆睡。。。カナダの国は広ーい。

憧れのルーネンバーグの町並み


車、観光客が多く何となくごちゃごちゃしたイメージで、期待はずれの気がします、やはりこれはツアーでなくゆっくりと散策してみたいところでした。

赤毛のアン旅日記 5

  • 2008.08.04 Monday
  • 14:26
夜の長いプリンスエドワード島は、10時00分くらいまで明るい為、1日が長〜く感じます、TVも英語ばかりで意味が解らないので、眠くなるぎりぎりまで、外遊びが出来るので、部屋に入るとシャワーを浴びてバタンキュー。朝日が昇るのは5時くらいなどで目が覚めます、でまた外を散策・・・なんとリスが木の上で、おっかけっこをする姿を目撃しました。しばらく観ていましたが、リスたちは人がいようとお構いなしです、人に対する警戒心など無いのでしょうね。。。

いよいよメインコースのグリーンゲィブルズの建物を見学です。
建物の中は100年も経っているように思えない程、手入れがされていて、カビ臭いなどはありませんでした。どーしても興味を持ってしまうのは、家具と薪ストーブです、



当時の生活はかなり重労働だったようで、夏でもまきストーブを中心に家事を行なっていたようで、あまりの暑さで、気絶様の椅子がストーブの横に設置されていたのです、当時の方は苦労されたのですね。

この方はモンゴメリの祖母のお孫さんです。

赤毛のアン旅日記3

  • 2008.07.18 Friday
  • 23:44
新婚旅行依頼の海外は、初めてと同じくらい準備に時間とお金がかかりました。宿泊先はホテルなのに、シャンプーやリンス・ボディーソープ・タオル・バスタオル・ドライヤー・・・これでは林間学校と同じくらい大荷物になってしまいました。おまけに食事に困ってしまうといけないので、おせんべいやふりかけ・お茶???ケースの中身は、行くときからパンパンでした。入国審査で、持ち込み不可能になったときは、お前は何者だ!と聞かれそうなくらいお菓子を沢山忍ばせました。幸いカナダはそれほどうるさい検査も無く入国することが出来ましたが、、、、それがその後邪魔になってしまい、お土産のスペースが無く、ツアーの皆さんに全部配ることに。なんと旅初心者。
 前置きはこれくらいにして、カナダ観光1日目
ハリファックス市内観光では、タイタニック号から引き上げられた品展示されている大西洋海洋博物館から


       


映像で観ていたものがこんなに近く。。。
午後は、待望のプリンスエドワード島にやっと到着 日本からの移動所要時間は約17時間でした。 つづく・・・


帰国

  • 2008.07.16 Wednesday
  • 16:46
ただいま〜、昨日帰国しました。



晴天に恵まれ、憧れの地、カナダではすばらしい日々を過ごしてきました。



プリンスエドワード島・ハリファックス・ルーネンバーグ 何処を見ても
美しい町でした。一先ず今日はこれで・・・時差ぼけで、頭が回りません〜。

赤毛のアン旅行

  • 2008.07.09 Wednesday
  • 23:58
昨年からお友達と話していた、カナダプリンスエドワード島に明日から6日間で行ってきます。今年、赤毛のアン物語が出版されて100周年の年で
いろんなツアーが組まれています。

私と末娘と お友達親子と4人での旅になります。
海外旅行なんて新婚旅行以来の旅で、しかもカナダのずーと奥深く 現地まで15時間くらいかかるみたいです。
 こんな機械でもないと一生行かれない気かして、思いきりました。

ケースの上めがねはついに私も老眼鏡デビーしてしまったけど、とっても楽になりました。

実は、本当の話をするとカナダの大自然には とても興味を持っていますが、赤毛のアン事態は???それより私が、日々製作している家具が、パイン材で、その原産国であること、マイホームの材料であることで、とても興味があったのです。
 そしてツアーの中にはルーネンバーグの町並みを見学できること、ツアーの皆さんとは、少し違う、乗りで行ってしまうのも???でもでも雄大な自然カナダは、娘にも私にもけして裏切ることの無い素敵な思い出を残してくれると思います。旅行報告は帰国後。
それではいってきま〜す。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

モジdeパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM